冬!といえば!雪!ということで、冬の子どもの英語曲「Little snowflake」を題材にした、アクティビティをご紹介します。

苦手になりがちな前置詞の「on / in」のイメージを身に着けることができるので、おすすめの1曲です。


Little snowflakeは雪の結晶の歌

スノーフレーク?コーンフレーク?

そもそもsnowflakeってあんまり聞きなれない単語ですよね。

snowはご存知、「雪」のこと。
flakeは「かけら」の意味があります。

つまり、snowflakeとは、雪のかけら=雪の結晶のことです。

コーンフレークってありますよね。
あれも、コーン「トウモロコシ」のフレーク「かけら」がたくさんあるたべものですね。

なんでLittle?

雪の結晶はそもそも小さいものなのに、わざわざ、Little(ちいさい)がつくのは、なぜでしょう?

これは、Littleにはちいさくてかわいいというニュアンスが隠れているから、使用されているんだと思います。

Littleがつくだけで、かわいらしい表現になるんですね。

実は、英語の子どもの歌には、「Little —」という曲がたくさんあります。

それでは、今回の題材曲お聞きください☆


「Little snowflake」レッスンアイデア

ただ聞いたり、歌ったりするのもかわいい曲ですが、私は、前置詞「on / in」を伝えるためにこの曲を使用します。

前置詞「on / in」の違い

前置詞は本当に、苦手になりやすい領域ですよね。
私も何度もくじけそうになりました。

今なら英語を勉強し始めたばかりの私に言いたいです。「イメージで覚えなさい」

シンプルにon / inの違いをご紹介します。

on : くっついてること!

in : 入っていること!(囲まれていること!)

on in house
お家で説明するとわかりやすいですよ☆

ポイント:あくまでもイメージを定着させる。日本語に訳して表現しない


指先の力を鍛えながら、雪の結晶を降らせよう♪

幼児にとって、指先を使う遊びをすることは大切とされています。

指先を使う遊びで成長できること

  • 手と目を同時に使う
  • 自分のおもいを表現する
  • 道具(ハサミ、箸など)を使うための土台作り
on in
簡単Little snowflake工作

シール貼りで楽しく学ぼう!

丸シールを雪の結晶に見立てて、雪だるまに「ペタ!」

Where is the snowflake gone?どこいったかなー?」と確認しながら、「It’s on the hat! in the hand!」と雪の結晶を降らせましょう☆

例を動画で用意したので、ぜひご確認ください☆↓

レッスンイメージ

Little snowflake遊びの作り方

持ち運びも簡単!私はポストカードサイズで作りました。

とっても簡単なので、ぜひお子さまと一緒に作って遊んでみてください☆

材料

  • 台紙(白い紙ならなんでもOK!画用紙、ポストカードなど)
  • ペン
  • 色画用紙(帽子と手袋になります!何色でもOK)
  • 青の丸シール
materials

作り方

①紙に雪だるまの絵を描く

丸が書けるようになったお子さまなら、一緒に書いてもいいですね♪

snowman
帽子と手袋は画用紙で作ります♪

②帽子と手袋を画用紙で切ります

細かい作業になるので、できたら大人が切るのを手伝ってあげるといいです☆

cut a hat
私は赤色にしました!

③のりで帽子と手袋を雪だるまに貼ります

inについて教えてあげるために、のりは半分までぬります。

のりしろ部分を折ってから貼ると、後で遊びやすいです。

glue
もちろん、切ってからのりがいいですよー

④完成!あとは、丸シール雪の結晶を降らせましょう♪

ここまできたら出来上がりです☆

雪だるま以外を描いて、雪を降らせても楽しいかもしれないですね♪

snowman
鼻はめだてさせるために、画用紙を切って貼りました!描いてもどっちでもOKですよ
snowflake

まとめ

前置詞「on / in」を学ぶことのできる、かわいい「Little snowflake」の音楽、ぜひ親子で楽しく遊びながら、学んでいただけると幸いです♪

トントントゥ

おすすめ:

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です