こんにちは。トントントゥです。

最近日本でも少しずつ知名度を上げている、「セントパトリックスデー(St. Patrick’s day)」は、アイルランド最大のお祭りです。

世界的にも有名で、各国でパレードが見られるのですが、名前を聞いただけだと、何のために、何をするのかまだまだ謎が多いお祭りですよね。

セントパトリックスデーを倍楽しむことができるように、アイルランド滞在中の私が、「セントパトリックスデー」のあれこれをご紹介します☆


「セントパトリックスデー」って何の日?

発祥は緑豊かな国、アイルランドで17世紀にカトリックの行事としてスタートしました。

「セントパトリックスデー」のセントパトリックとは、アイルランドにキリスト教を広めた、司教でした。

今は、アイルランドの使徒と呼ばれる、守護聖人です。

「セントパトリックスデー」は、アイルランドにキリスト教を広めた、パトリックさんのお祭りということですね。

カトリック教の祭日で、アイルランドの祝日として、毎年世界中でお祝いされています。


「セントパトリックスデー」はいつ?

「セントパトリックスデー」は日にちが固定で、毎年3月17日(セントパトリックの命日)です。

緑のものを身に着けたり、シャムロック(三つ葉のクローバー)を身に着けることが伝統とされていて、当日は、見渡す限り緑・緑・緑!

シャムロック(三つ葉のクローバー)とは

セントパトリックは、シャムロックを用いてキリスト教を広めました。(三つ葉というのがポイントです)

アイルランドの国花で、アイルランドのシンボルとして多用されています。

なぜ緑なのか

シャムロックが緑色だからです☆国の色として指定されています。

アイルランドに住んでみると、より緑の毎日を感じることができますよー。(大自然)


子どもたち大興奮!お金大好きなレプリコンってだれ?

どの祝日よりも盛り上がる「セントパトリックスデー」ですが、子どもたちにとっても大人気間違いなしの日でもあります。

レプリコン(Leprechaun

ここで登場する大人気のおじさんが、レプリコンです。

アイルランドの昔話に登場する、妖精のおじさんなのですが、お金を集めて、壺に入れるのが大好き。(なんで(笑)グリム童話の「小人の靴屋」に登場する妖精からきているみたいです)

子どもたちの楽しみコイン探し!

そのお金の入った壺はどこに隠してあるかというと…虹の下に☆!

毎年子どもたちはレプリコンのかっこうをして、壺探しゲームを楽しみます。

(壺に入っているのはチョコレートが定番ですけどね)

ちなみに…ハリーポッターでもクディッチのアイルランドチームのマスコットキャラクターになっていました。

国産コインチョコレート 小 業務用 500g


「セントパトリックスデー」現地の様子

さて、本場アイルランドでの3月17日はどのようになっているのか、大紹介させていただきます☆

※2021年はコロナウイルスの影響のため、パレードは休止が決定しています。

街並み

数日前から町は着々と緑に染まっていきます。

街ではアイリッシュミュージックをストリートパフォームしている人たちが増え、明るい気持ちがたくさんになります♪

また、この週は世界中から観光客が集まり、街がより一層賑わいます。

パブ

アイルランドといえば、ギネスビール!ウイスキー!大人たちはこぞってパブに繰り出します。

アイルランド語で乾杯は「Slainte(スランチェ)!」

こどもたち

アイルランドで保育士として働いていた経験があるのですが、現地の子どもたちもかわいく緑に着飾ってハッピームードです☆


日本での「セントパトリックスデー」

日本でも近年「セントパトリックスデー」は浸透してきて、各地でパレードが行われるようになってきました。

ぜひ、お近くのパレードに一度参加してみてはいかがでしょうか☆

私も参加したことありますが、とても盛り上がりますよ♪

都内のパレードの様子

まとめ

アイルランド最大のお祭り、「セントパトリックスデー」、いかがでしたでしょうか?

少しずつ日本でも知名度を上げてきましたが、緑で楽しい明るいお祭りは世界中で祝われています。

緑の服と、クローバーを身に着けて、3月17日はアイリッシュミュージックを聞きながら、イベントに参加してみることをおすすめします☆

陽気なアイルランド人たちのように、楽しく、うれしい気持ちに浸ることができますよ☆

トントントゥより

おすすめ:

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です